お薦め

セサミンとセサモール          

日々生活していく上で、スタミナはとても大事です。
特に現代社会では、多くのストレスを抱えたり、食生活の乱れ、不規則な生活習慣などが起こりがちです。
このような状態が続くと、体に疲れがたまやすくなり、体に病気として異変を感じることもあります。
そうならないためにも、日々の生活に必要なスタミナを十分に確保したいものです。
十分なスタミナをためるためには、まず健康体でなければいけません。

そんなスタミナを生み出すために、注目されているのがセサミンとセサモールです。
このセサミンとセサモールは何の食べ物に含まれているかご存知ですか?
これらはゴマに多く含まれている成分です。
ゴマの中には、ゴマリグナンという抗酸化物質があります。
そのゴマリグナンの成分の中にセサミンとセサモールがあります。
セサミンとセサモールはともに強い抗酸化作用http://www.linkseo.jp/kousannkasayou.htmlがあります。

体内には疲れがたまると、活性酸素をため込んでいる状態になります。
この活性酸素が消化されず、たまっていってしまうと体が酸化して、老化へとつながってしまいます。
この活性酸素を消化する働きが、抗酸化作用にはあります。
特に体全体の活性化酸素のうち7割が、肝臓にたまるといわれています。
それだけ肝臓の負担は大きく、ストレスや飲酒などで肝臓の機能が低下しやすくなっています。
様々な抗酸化作用のある成分は、肝臓にたどり着く前に消化されたり、効果が弱まった状態となっています。

しかしセサミンだけは、肝臓にたどり着いて初めて抗酸化作用が働きます。
なので肝臓の活性化にとても効果的です。
肝臓の機能がよりいい状態になると、活性酸素がたまりにくい=疲れがたまりにくい体になります。
そうなると自然と、スタミナがつきやすくなるというわけです。

またセサモールは、ゴマリグナンの中のセサモリンを加熱したときに発生する成分です。
特にゴマ油を焙煎抽出した際に、一番多くセサモールがつくられます。
セサモールにも強い抗酸化素養があります。
その証拠に、ほかの植物性の油に比べてゴマ油は、50日以上置いてもほとんど酸化することがありませんでした。
セサモールの抗酸化作用は、おもに脂肪分が酸化していくのを防ぐ力があります。
他にも体内の酸化防止の効果もあります。

これら二つの抗酸化作用の働きによって、体の酸化を防ぐことができます。
よって体の老化を防ぎ、スタミナがつきやすい体へとつながります。


↑人気のセサミンサプリメントがこちらで詳しく紹介されています。
それぞれの特徴がかかれていますので、是非比較してみてください。