お薦め

二日酔いする方におすすめ          

20歳を過ぎて社会人になると、仕事の都合上お酒のお付き合いの場が増えますよね。
自分でコントロールして飲める場であれば、飲みすぎに注意すればいいですよね。
でも上司や取引先など、お酒を断れないシチュエーションも増えてきます。
どうしても飲まなければいけない時、その場は何とかお付き合いで頑張れるかもしれません。
でもつらいのが二日酔いです。

それではなぜ二日酔いが起きてしまうのでしょうか。
それは、お酒に含まれるアルコール分は、体内に入ると肝臓でアルコールという分解しろ過する役割があります。
しかし大量のアルコールを摂取すると、その分解するのが追いつくことができずに残ってしまいます。
それが肝臓の働きを低下させ、二日酔いという症状を生み出します。
なので、程よい量のお酒やアルコール度は問題ありません。
むしろ、お酒を飲むと体が温かくなり、血行を良くするので体の負担にならない程度なら飲んだほうがいいともいわれます。

しかし、日常的に飲みすぎる人の場合は別です。
また人それぞれアルコールを分解できる、能力が違ってきます。
なので同じ量を飲んでも、すぐ酔う人とと酔わない人がいるのはそのためです。
弱い人にとっては、少しの量でも肝臓に負担がかかることもあるということです。

お酒は、肝臓に負担をかけてしまうものですが、その負担を減らすために効果的なものがセサミンです。
セサミンという成分は、食べ物で言うと主にゴマに多く含まれています。
セサミンは、抗酸化作用を持っています。
この抗酸化作用は、肝臓の働きを活発化させてくれます。
なので、アルコールの分解を促進する役割もあるということです。

特にセサミンの場合は、他の抗酸化作用をもつ成分と異なる大きな特徴があります。
それは、肝臓にたどり着いたときに、初めて抗酸化作用が働くということです。
他の抗酸化作用のある食べ物は胃などで消化され、肝臓にたどり着くころには弱まってしまいます。
セサミンの場合は、直接働きかけることができる、数少ない抗酸化作用です。

なので、お酒を飲むときなどのおつまみとして、ゴマが使われている食べ物を一緒に摂取するのがお勧めです。
メニューなどを見ても、意外にゴマが使われているメニューが多くあります。
なので手軽にとりやすい食品なので、二日酔い予防のためにも積極的にとるようにしましょう。

また、こちらのおすすめサイトのセサミンで肝臓の保護と活性化についての詳しい解説もご覧になってみてください。